副業アフィリエイター 初収入

副業アフィリエイターさんが初収入を上げるためのヒント

情報商材アフィリエイター人口は少ない!?

読了までの目安時間:約 5分

 

先日、アフィリエイトは長く続けてこそ稼げる

の記事を書いた際にふと気付いたことがありました。

 

情報商材を扱っているアフィリエイターさんは少ない!?

 

それもかなり少ないのでは!?

 

ということです。

 

 

 

なぜそう思ったのかというと、

NPO法人 アフィリエイトマーケティング協会

のサイト内にある

「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査」

のPDFファイル内の「利用しているASP」

にインフォトップ、インフォカートが載っていなかったのと、

 

アフィリエイト入門書を何冊か読んだ中で、

紹介されているのは、物販アフィリエイトのことばかりで

情報商材についてを紹介している入門書は見当たらない。

ASPの紹介でもインフォトップ、インフォカートを紹介している

入門書は見当たらない。

ということからでした。

 

 

 

気になったので、ちょっと調べてみました。

 

情報商材を扱っている主な2ASP

で扱っているプログラムの総数は

インフォトップ・・・9656件

インフォカート・・・6257件

 

それに対して

日本最大級のASP、A8netで

扱っているプログラムの総数は

22659510件

もあるんです。

(いずれも2016’7’23現在の数字です)

 

物販アフィリエイトに比べると、情報商材アフィリエイトは

約2300分の1

なんて数なんです。

 

 

ということは、ほとんどのアフィリエイターは物販アフィリエイターと

いうことになります。

 

 

「株式会社もしも」の調査では、

2011年のアフィリエイター人口は387万人

市場規模は1052億円ということです。

(この1052億円から、アフィリエイターへの報酬額と広告主の手数料が払われます)

 

単純に1052億円を387万人で割っても、

アフィリエイター1人当たりの平均年収は約27000円です。

実際は広告主の手数料分、低い金額が平均年収となります。

 

 

実際には、この中の大半をトップアフィリエイターさん達が報酬として頂いているので、

初心者アフィリエイターさん達がなかなか稼げないのは仕方のないことです。

 

 

つまり、何が言いたいかというと

アフィリエイターの総人数が少ないジャンルの方が稼げるチャンスはある

ということです。

 

どのジャンルのアフィリエイトをしても、必ずそのジャンルの第一人者がいます。

その下にも2番手3番手がいるわけで・・・

 

そう考えると、市場規模がアフィリエイト全体の約2300分の1

アフィリエイト入門書でも全く取り上げられていない。

そして、高額案件も多数あり、購買層も多い

情報商材アフィリエイトというのは、ある意味狙い目なのではないでしょうか?

 

 

おそらく、微々たる金額を大人数で奪い合うような図式ではないと思います。

 

 

 

情報商材アフィリエイトは難しい、大変だと思い

物販アフィリエイトなどにくら替えしたとしても

大変なことはたくさんあるし、手強いライバル達がたくさん居ます。

 

何よりも今まで積み上げてきたものを無駄にし、

1からまた積み上げ始めなければなりません。

それはとても勿体無いことだと思います。

 

情報商材アフィリエイターという恵まれた条件を信じ、

途中で投げ出さず、結果の出る日まで頑張っていきましょう^^

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
あなたの1クリックが励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

プロフィール
アフィリエイトアドバイザー

もりしま

自分の実体験をもとに
長くアフィリエイトを続け、
0→1になるまでを
サポートします。
一緒に成長していきましょう!

このプロフィール画像は
似顔絵メーカー
で作成しました

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
応援お願いします!